タグ別アーカイブ: 増毛

髪で悩む男女の最近の調査結果によると

国内大手の毛髪研究会社が実施した頭髪の悩みに関係する調査によると、薄毛や抜け毛に悩んでいる人は約3960万人。これは、日本全体の人目に照らし合わせると、男性の39・5%、女性の20・8%に当たります。 特に、60代以」」の高齢者に限って言えば、m″性は61・5%、女性は36・5%とおよそ1・5倍に増えています。それもそのはず、髪を生やす頭皮の状況も年とともに衰えていくけど、消費者も毛髪に関する知識が乏しく、途中で諦めてしまゲ人も。それは薄毛、抜け毛に悩む人口の推移がここ10年でほぽ横ばいであることからも見えてきます。

今でこそ、CMでもおなじみになったAGA(Androgenctic Alopeciaの略で、男性刷脱毛症のこと)。その治療法などが広く知られるようになってきました。しかし、保険適用外のため、それなりのコストがかかること、週に何川か通院しなければいけないことなど、なかなか(Iドルが高いのが悩みどころです。

また、女性の薄毛も深刻です。男性とは違い、完全に脱毛することはまれですが、進行するとボリュームが減って地肌が見えてしまう状態になることも。 さらに女性は曵年期を境に頭髪にとって重要な女性ホルモンが減少しますから、加齢による薄毛の影響を受けやすいといってもいいかもしれません。 しかし、市場に並ぶヘアケア商品は種類も多く、その効果効能も千差万別。自分に合ったものを選び出すのは至難の業です。

自宅でできる元気な髪を手に入れる方法とは?

薄毛、抜け毛は肚‥刄共辿のものですが、海外、特にヨーロッパでは日本ほどネガティブには捉えられていません。なぜでしょうか。それは、「髮の薄さはセクシーな川″性の象徴」といウ文化が根づいているから。髮が少ないことが魅力のひとつとされているため、人きな問題にはならないのです。 残念ながら日本ではそういった文化は浸透しておらず、薄毛はコンプレックスと考えている人も多いのが現状です。前述の調介でも薄毛や抜け毛について男女ともに「誰にも相談しない」人が7割強という結果が出ています。 そこで本誌では、すべて自宅でできる、髪をぐんぐん生やす選りすぐりの3つのワザを紹介。その劇的効果は体験者の方々の写真でも一目暸然でしょう。

毛髪自体の元気を収り戻すことももちろんですが、そのL台となる頭皮のケアをしてあげることも兒毛、育毛にとって重要なポイントです。また、秋から冬にかけては1年で最も髪が抜けやすい時期でもあります。それは、強い紫外線や、汗などによる頭皮の汚れ、暑さに伴う体のバテ具合など、夏の気候によって一気に頭皮や髪がダメージを受けるからともいわれています。 続く冬は乾燥の季節。さらに寒さで血行が悪くなれば、髮は水分、栄養不足でやせ細り、ますます抜けやすくなるでしょう。そうならないためにも、神ワザを実践して豊かで艶のある髪を収り戻してください。

日本の総人口(総務省統計局「人口推計」より)のうち、男性の約4割、女性の約2割が薄毛や抜け毛の悩みを抱えていることがわかる。その割合は加齢とともに高くなっている。また、薄毛や抜け毛が気になる部分は、男性は「頭頂部」、女性は「髪の毛全体」という結果に。

自分を客観視できる「鏡を見たとき」が男女ともにトップ。続いて「シャンプーしたとき」が第2位になった。これは抜け毛を自覚しやすいシーンだからと考えられる。一方で、第3位は男女で差が出た。男性は「雨でぬれたとき」。水にぬれると髪が張りついて、ボリュームダウンを実感するのかもしれない。女性は「ヘアブラシを使ったとき」。ブラシに残る髪の且や立ち上がり、髪の通りやすさなどの影響が考えられる。
参考:スベンソン